ホーム

新着情報

2023.02.06「第68回 ノーマスク、鼻出しマスクで反則負け!?~プロ棋士の思考回路に必要不可欠な酸素~」追加
2023.02.06「第67回 公共施設でのマスク着用を義務とした瑞穂市を逆転!~岐阜のジャンヌダルク第5弾~」追加
2023.02.05「谷本誠一インタビュー9 全自治会防犯灯LED化の谷本提案が実現!」追加
2023.02.04 <告知>2月26日(日)「Zoomで開催 谷本誠一呉市議と語ろう!~子どものマスクの現状とコロナ」を開催します
2023.01.31「谷本誠一インタビュー8 小中一貫教育校を義務教育学校に!」追加

更新情報一覧

自然共生党、コロナ茶番と戦う!

2022.06.10 自然共生党 代表 谷本誠一

 皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、現在のコロナ騒動は異常です。存在証明がなされていない新型コロナウイルスを起因とする感染症をWHOが医学パンデミックといち早く位置付け、全世界に偽装となるPCR検査を指示し、各国政府とメディアがこぞって恐怖を煽りました。偽陽性率が97%との研究結果を米国医師会が発表しています。
 その中で、ソーシャルディスタンスや3密回避などの誤った感染症対策を掲げ、特に義務でもないマスク着用を、事実上強制化しました。マスクが新型コロナウイルス感染症への予防効果も証明されていない中で、マスクを着けない者は非国民であるとの同調圧力が国民間でまん延しました。このことで職場を追われた者は多々います。逆に仕方なくマスクを着用している者が余りにも多いのです。
 このマスク着用により、特に酸欠や二酸化炭素過剰吸入により子ども達の健康が奪われ、IQが大きく低下しています。乳児においては、コミュニケーション能力欠如による、発語を初めとする成長の鈍化が見て取れます。高齢者に至っては外出自粛と相まって認知が進み、経済も瓦解しているのです。
 これらの確信犯的詐欺工作により、政府はワクチン接種に結びつけようとして来たのです。既に4回目の接種が実施されつつあり、低年齢接種化も進んでいます。このワクチンは、人類史上始まって以来の遺伝子組み換えであり、その危険性や実態は分かってなく、抗体依存性感染増強や副反応や後遺症続発、スパイクタンパクによる血栓症を誘発し、接種故のシェディングで他者に有害事象をもたらしているのです。このことは、ファイザーの研究報告書にも記載されており、政府は情報を隠蔽し、国民を騙し続けているのです。即ち、「ワクチン」とは聞こえはいいですが、その実劇薬指定された危険な薬物と言えましょう。
 接種後の死亡者は既に1,700事例を超え、インフルエンザワクチン接種の、年平均3名死亡とは比較にもなりません。また、誰一人としてワクチンとの因果関係は認められず死亡保障金は一切支払われておりません。2020年12月の予防接種法改正前に、当時の田村厚労相は死亡時に4,420万円が保障されると答弁していますが、明らかに嘘だったことになります。
 製薬会社が製造物製造責任を問われない密約が交わされていると、他国で契約書が暴露されました。超過死亡も昨年は7万人を優に超え、東日本大震災時よりも多くなっており、要因はワクチン接種であることは容易に見て取れます。
 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により経済は疲弊し、倒産企業が多発、損失補填に血税が安易に使われ、国債増発という悪循環が続いています。

 そこで私達は、この流れを阻止し、コロナ茶番を終息させるために起ち上がりました。2年後に迫っているWHOによるパンデミック条約や、基本的人権を損なう緊急事態宣言を伴う憲法改正も阻止せねばなりません。私達がオーストラリアや中共、西欧と異なり、自由な運動ができるのも、憲法により人権が護られているからに他なりません。
 これまで、大手メディアによるプロパガンダにより右翼と左翼とが対立させられ、漁夫の利を得て来た国際金融資本による支配構造も見えて来ました。私達は中翼による、自然共生理念で高い次元に昇華させ、真に平和で豊かな世界を構築して行く使命があるのです。趣旨にご賛同される同志の皆様と共に、歴史的大転換となるこの時こそ決起し戦って参りたく、ご指導、ご支援、ご協力を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

自然共生党のロゴマークを決定!「チーム日本」に加盟!

2022.10.01

自然共生logo 懸案だった自然共生党のロゴマークが決定しました。党員に公募をかけましたが、応募がなかったため、役員で煮詰め、最終的にはデザイナーに依頼したところです。
 先ず、理念に従って、中央のハートは右翼と左翼が対立ではなく、手を握り、調和を図る構図です。
 周囲は自然を意味する山と海をイメージし、それぞれ頂と尾根、波を表現しました。更に宇宙全体で円満を図る意味の円、加えて自然循環を意味する→の方向性を付けました。
 全体のイメージカラーは、自然をモチーフとしたグリーン系で、一部海の部分をブルー系にしました。
 そしてハートを対角線に貫く形でNとPがデザインされています。Nは「Nature」で「大自然」を意味し、Pは「Party」、即ち政党です。つまり、「Nature party」となります。またNとPはNatureとpeople、即ち大自然と人民が調和する、共生することに繋がり、且つ合わせてNippon(日本)となります。そこでPの旗の部分に赤い日の丸を描き、強調ポイントとしました。
 更には、No Problem(問題なし)として、課題の解決を図る意図も込められています。

 ところで、去る9月23日に東京都武蔵野市で行われた講演会で、「チーム日本」が旗揚げしました。これは、「脱コロナ」「護憲」を旗印に、日本の政治を変革するため、同志が緩やかな連携の下、大同団結するものです。これには、池田としえ日野市議会議員が代表に就任しました。
 構成としては、全国有志議員の会、名古屋有志医師の会、自由共和党、市民がつくる政治の会、日防隊等の各団体や個人が加盟し、我が自然共生党も勿論これに応じたところです。

20220817関内改憲阻止街頭演説会
20220817関内改憲阻止街頭演説会
20220919講演会
チーム日本

 今後、一層の飛躍を目指し努力を重ねて参る所存ですので、皆様のより一層のご支援、御指導を賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました